周りと差をつける!Tシャツの着こなしアレンジ3選


腰巻きシャツでアクセント

Tシャツとジーンズだけでは物足りない…そんな時は、シャツの腕部分を前で結び、腰巻きするだけで一気に印象が変わります。初めは白や黒の無地のTシャツから始めると、失敗が少なく楽しめます。おすすめは、Tシャツとジーンズの色と、シャツの色に差をつけることです。白Tシャツ+ライトブルーのジーンズには濃い色のシャツを合わせたり、黒Tシャツ×ノンウォッシュジーンズには、差し色の利いたシャツを合わせることで、ポイントになります。靴や帽子など、小物の色とリンクさせるとまとまりが出てすっきり見えます。

TシャツのインナーにTシャツを重ねて

お気に入りのTシャツがあるけど、ワンパターン化している…という場合におすすめなのが、インに少し大きいTシャツを着る方法です。裾から白いTシャツがちらっと除くだけで、こなれた雰囲気を演出できます。ポイントはTシャツ同士のサイズ感です。外に着るTシャツが小さすぎると変にシワができて太って見えたり、インのTシャツが長すぎると足が短く見えたりしますので、必ず鏡でチェックしましょう。慣れてきたら、袖や襟ぐりからもチラ見せしたり、インのTシャツの色を変えても楽しめます。

オープンカラーシャツからチラ見せ

Tシャツをメインにするのではなく、インナーとして着るという方法もあります。おすすめはオープンカラーのシャツに合わせること。襟のしまるシャツと違い、上までボタンを留めても中のTシャツの首元が見えるので、コーディネートのアクセントになります。こちらもサイズ感が重要で、だらしなく見えないよう、外に着るシャツは丈の短いコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。袖からTシャツが見える場合は、中のTシャツごと袖を折り返すと、袖もアクセントにできます。

agaとは男性型脱毛症のことです。抜け毛が増えてきたら、agaのサインかもしれません。悩むよりも、一日も早くagaを千葉で治療してください

Related Posts

© 2021 Beauty Treatments - All Rights Reserved.