ダサさと紙一重!ショートパンツを着こなすコツ


丈は長くても短くてもダメ

ショートパンツのコーデで最も重要なのが着丈と言っても過言ではありません。狙うべきは「膝にかかるか,かからないか」というくらいの長さです。なぜなら、膝が丸見えな短さだと子供っぽさが一気に増大しますし、逆に膝が隠れるほどの長さだと中途半端で野暮ったい印象を与えかねないからです。ショートパンツでも大人っぽく落ち着いた印象をまといたいなら、まずは着丈の長さに気をつけましょう。

デザインはできるだけシンプルなものを

ショートパンツを履くと足の大半が露わになるので、それだけでそれなりのインパクトを与えます。そのため、クセのあるデザインや派手な柄のものを選んでしまうと、悪目立ちのもとになるリスクもあるのです。カーゴパンツのように大きなポケットが付いていたり、夏らしく花や海などの柄が大きくプリントされているようなものが代表例でしょう。着こなしに自信がある人なら別ですが、慣れないうちはベーシックなデザイン、且つネイビーやベージュなどの合わせやすいものをおすすめします。

綺麗目なトップスや靴でバランスを取る

数あるファッションアイテムの中でも、ショートパンツはダントツでカジュアル感のあるアイテムです。そのため、それ以外のアイテムもカジュアルな度合いの高いもので揃えてしまうと、どうしてもラフな着こなしになってしまいます。これが時として子供っぽさやだらしなさにつながってしまうのです。そこで、ショートパンツにはシャツやジャケット、レザーのローファーやスリッポンタイプのスニーカーなどを合わせると、全体の雰囲気が上手く引き締まり、バランスの良い着こなしができるようになります。

症状が進行する前に、agaを札幌市で治療しませんか。利便性の良い札幌なら、治療に通うことが負担にならず、気軽に通院できるでしょう。

Related Posts

© 2021 Beauty Treatments - All Rights Reserved.